お気に入りのものがあるといいですが。

私ハミングバードは、お気に入りの蜜がとても、限られていますの。

ハミングバード 

 

「※現物あり」と記したものは私の手元にあります。ご希望の方はお問い合わせください。

 

「※現物なし」とあるものはオーダーいただけます。

 

※神楽坂のセイギーヒーさんに納品したものもあります。

 

作成したときは、アップします。

 


NOW in STORE and ORDER


オルゴナイト

◆魔法のミニピラ

※セイギーヒーさんに置いています。

  

これがプロトタイプ。

ここからはじまりました。

 

 

写真のようにして使います。

地図の上に置いたり、願いを書いた紙の上などに乗せて使います。

 

〈エンパワー〉

トップが暖色は、その地点にエネルギーを注入するために。

〈クリアリング、デトックス〉

寒色はネガを抜くために。

 

いろいろ、素晴らしい体験談が寄せられています。

 

調整後の地点に置く「中和」もできました。

 

おまじないがはやったとき、星の数ほど?のおまじないを作った私にとって、魔法アイテムを作るのは、まさにはまり役!!!と、

たくさんの嬉しいご報告をきいて、発見しました。

 

3000えん

※オーダーもどうぞ!

 

 


ピラミッド


 

ピラミッドばかり、いっぱい作りました。

そして、だんだん、わかってきました。

 

ピラミッドは、そこにエネルギーが入ってくる箱、エネルギーから見れば、目印になる。

そして、目印、2個置けば、そこはゲートになる。

あると、なんだか、ぜんぜん違う。

 

 

 

●情熱の赤ピラミッド

 

赤が足りないよ〜と感じる方に。

 

※神楽坂のセイギーヒーに行きました!

 

 

 

●参考作品

対のピラミッドは、ゲートだね!

 

 



 

 

セイギーヒーさんからのオーダーで、龍をいっぱい作りました。

 

赤龍、青龍、白龍、金龍、黒龍、タイガーアイの龍、ローズクオーツの龍、

グリーンアベンチュリンの龍…

 

オルゴナイトの準備しているとき、龍がジーッとうずくまって、オルゴナイトに入る準備をしている、息をひそめて。

 

オルゴナイトになって、羽ばたくよー!

そんな感じだ。

 

 


あんよ……足



アメリカネイティブのどこかのトライブの人たちは、
ターコイズでできた太陽の道、天国に続く道があると信じてる。

 

そこを歩き、神の世界に行こうという考え方。

だからターコイズは、神の世界に続く道の石、
それゆえ、ターコイズを身に付けていれば、神のご加護を得られる、道に迷わない、

(狩りなどに行ったときも)道を誤らない、元気に家に戻れる、という。


それをふまえて、足のオルゴナイトをもった方が、
ターコイズの道を歩くように、
水晶の道を歩くように、
緑の草のようなペリドットの道を歩くように、
神の啓示が降りてくるラピスの道を歩けるように、

という思いで作った。

見えないけれど、水晶がびっしり敷き詰めてある。


⚫これは、プロトタイプ。
製品はさらに発展しています。

エネルギーの通る順にぐるぐる🌀があり、湧泉(ソーラープレクサス=太陽神経叢)には水晶球、
ぐるぐるのところをもっていると、体がなんだかラクになってくる。
水晶球は、爪周りのツボ押しに、気持ちいい。

 

★近日お目見え

 

 

 


 

◆水晶柱型ペンダントトップ

 

水晶柱型のペンダントトップ。水晶柱部分の長さは約5センチです。

 

※現物があります。

 

左/緑×白 右/緑  ¥3,800


 

ご参考

 


お名前オルゴナイト


 

わんこにゃんこの名前を入れて。

アルファベットを。

なかなかきれいで、気分が上がり↑ます!

 

もっていると、とてもらくになるという方も。

わんこにゃんこでは、静電気が立たなくなって毛がふわふわに、という方も。

 

文字や色をご指定のうえオーダーいただけます。

あまりたくさんの文字は入りません。だいたい5文字まで。

 

※現物なし。オーダーいただけます。

 

 


ミニ三角コーン


 

ミニコーン。トップに珠が入っています。

 

 

 作っては出て行ってしまうので、まだ、ご注文が受けられません。

こんな感じ、といっていただければ、お作りできます。

 

3000えん

 

※セイギーヒーさんにあります。

 


よりしろオルゴナイト


 

よりしろ、ひもろぎ、いろいろな呼び方があります。

四方位を指し示す4本とその中心に1本、棒を立てます。

ストーンヘンジという人も。

自分の軸を整えるために。

 

 

オルゴナイトばかり作っていたので、まだまだ見ていただきたいオルゴナイトが

たくさんあります。オルゴナイトのページにも飛んでみてくださいね。